バンコクで食べられる美味しい鯛めし

先日、インスタグラムで美味しそうな鯛めしを発見したので早速行ってきました。

バンコクにいるとは思わないような雰囲気で、お料理も美味しかったのでご紹介します。

バンコクで食べられる美味しい鯛めし

まず、お店の入り口からとてもこだわりが感じられ、特に扉の取っ手の木がすごい存在感を放っています。

sasaya外観

  

そして店内も、タイにいることを忘れてしまうような内装です。

sasaya店内
sasaya店内

個室へ案内してくださり、掘りごたつになっていたのも嬉しかったです。

  

鯛めし

大きな土鍋に立派な鯛が丸々一尾入っています。

ちなみに注文してから出来上がるまで40分かかるので、早めに注文した方がいいです。

鯛めし

 

店員さんが身をほぐしてくれるのですが、もうすでにいい匂いがして、身を乗り出して、ほぐしてくれている姿を見ていました。

鯛めし
鯛めし
鯛めし

 

鯛の上品な旨味の美味しさがもうたまりません。

若干ご飯が柔らかめなような気がしましたが、お味は最高です。

 

えびの入ったお吸い物も美味しかったです。

 

そして贅沢にいくらのトッピングもしました。

鯛めしにいくらをトッピング

鯛めしは3~4人前の量なのですが、ひとくちひとくちが美味しくって、口へ運ぶ度に感動してました。

 

 

イカのつみれ

イカのつみれ

 

イカがたっぷり入っていて、コリコリっと食感も楽しめます。

レモンを絞って食べるのですが、味が濃いめなのでお酒が進みます。

 

升酒

升酒

 

エビの塩釜焼き

エビの塩釜焼き
エビの塩釜焼き

 

塩の入った釜にエビが入っていて、抜き取ると塩がたくさん付いているので、ハケで丁寧に落としてくれます。

エビの塩釜焼き

 

殻を素早く綺麗にむき、レモンを絞ってくれます。

エビの塩釜焼き

 

エビがふっくらしていて、旨味がギュギュッと詰まっていて、とても美味しいです。

 

お食事のことではないのですが・・・

レモングラスに巻いたおしぼりに感動しました。

レモングラスに巻いたおしぼり

爽やかな香りに包まれ、とても癒されました。

 

あと、おトイレもすごい雰囲気でした。

洗面台の水道が、手をかざすと自動で水が流れるのですが、井戸のようでした。

気になる方は是非お手洗いにも行ってみてください。

 

お正月やお祝いなどの行事や、個室もたくさんあるので接待などにも良さそうです。

 

薩摩牛ステーキやアワビなど、他にも食べたいメニューがたくさんありましたが、1度では食べきれなかったのでまた行きたいお店となりました。

  

料金

・鯛めし:380バーツ(日本円約1330円、1バーツ約3.5円計算2019年7月31日現在)

普段は980バーツ(日本円約3430円、1バーツ約3.5円計算2019年7月31日現在)

キャンペーンで驚くほどかなりお得になっていました。

キャンペーン期間は2019年7月31日までのようです。

・お吸い物:90バーツ(日本円約315円、1バーツ約3.5円計算2019年7月31日現在)

・いくらのトッピング:320バーツ(日本円約1120円、1バーツ約3.5円計算2019年7月31日現在)

・いかのつみれ:180バーツ(日本円約630円、1バーツ約3.5円計算2019年7月31日現在)

・枡酒:150バーツ(日本円約525円、1バーツ約3.5円計算2019年7月31日現在)

・エビの塩釜焼き:160バーツ(日本円約560円、1バーツ約3.5円計算2019年7月31日現在)

 

場所

Sasaya Silom店

 

スクンビットにも店舗があるようです。

Sasaya Sukhumvit店

近くには、ナイトマーケットや寺院のような外観のスターバックスがありますので、お食事の後も楽しめちゃいます。

patpong nightbazar
starbucks

 

さいごに

全然関係がないのですが、お店の前にいたネコのことを。

お店に入る前、入り口で写真を撮っているとネコが1匹やってきました。

可愛い〜と思いそのまま撮っていたのですが、どんどん近づいてきてじっくり追いかけ回されてしまいました。

向かってくるネコ

ここからお店の前でネコとぐるぐる行ったり来たりを5分ほども。

可愛いし本当はなでなでしたりしたいけど、ノラネコちゃんは引っかかれたり、噛まれたりすると大変なので、ちょっぴり怖かったです。

というお話でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です