可愛い土鍋のイーサン料理”チムチュム”の美味しくてお手頃のお店

タイ東北部のイーサン料理

チムチュムを本日はご紹介いたします。

 

まずはじめに、イーサン料理とは

タイの東北部で食べられている料理のことです。

出稼ぎなどでバンコクに来る人も多いため、バンコクでもイーサン料理が食べられるお店がたくさんあります。

イーサン料理と書いていなくても、メニューにあったりします。

 

チムチュムとは

チムチュムという名前が可愛いですよね。

鍋料理なのですが、そのお鍋も可愛いのです。

チムチュム

この土鍋でハーブと一緒に鶏肉、豚肉、牛肉、海鮮、野菜などを煮込み、

辛いタレにつけて食べます。

これがとても美味しいのですが、今回は美味しくってとてもお手頃で食べられるお店をご紹介していきます。

 

可愛い土鍋のイーサン料理”チムチュム”の美味しくてお手頃のお店

スティポーンをというお店です。

人気店なようで、席数も結構あるのですが、とても賑わっていました。

 

お鍋以外にも一品料理も種類が豊富です。

コームーヤーン

豚肉ののど肉を炙り焼いたものです。

豚トロのような感じです。

辛いタレも一緒についてくるのですが、結構辛いので何もつけずに食べちゃいます。

これが美味しくって、ちょっぴりジューシーで歯ごたえがあり、噛めば噛むほどお肉の美味しさがにじみ出てきます。

イーサン料理を食べに行くと絶対に頼んでしまいます。

こちらのお店のコームーヤーンは歯ごたえしっかりめです。

お鍋が出来上がるまでに食べるのにちょうどいいです。

 

カオニャオ

カオニャオとは蒸したもち米です。

チムチュムの食べ方

チムチュムは、ハーブとスープが入った土鍋を炭火で温めます。

 

上の写真のような状態で運ばれてきます。

沸騰したら、そこへ注文した食材を入れていきます。

お肉はこのような感じです。

 

野菜は手でちぎって入れます。

(初めて食べた時は分からなくって、野菜が長いまんま入れていたのですが、周りの人の食べかたをみて、自分で手でちぎるということを知りました。)

 

小さな土鍋なので、すぐいっぱいになりますが、もりもり入れて蓋をしちゃいます。

 

そして具材に火が通ったら完成です。

 

小さい器に入っているタレにつけて食べます。写真を撮り忘れてしまっていました。

辛いものが苦手な方は何もつけない方がいいかもしれません。

結構辛いです。

そして何もつけなくても美味しいのです。

しかも、お鍋の後半になってくると、お肉や海鮮の旨み出ていくのでどんどん美味しくなっていきます。

日本の方は好きな感じだと思います。

ポン酢とかゴマだれが合うようなお味なのです。

 

卵はお肉と絡めてお鍋に入れます。

これがまたマイルドになって美味しいのです。

ただ、初めから卵を入れてしまうと、元々のお味を味わえないので、追加で入れる時に入れるのがオススメです。

こちらはイカです。

  

料金

コームーヤーン:50バーツ(日本円約175円、1バーツ約3.5円計算2019年5月21日現在)

カオニャオ:10バーツ(日本円約35円、1バーツ約3.5円計算2019年5月16日現在)

チムチュムのお肉や春雨など:だいたい30バーツ(日本円約105円、1バーツ約3.5円計算2019年5月16日現在)

安くないですか??

1皿の量はそれほど多くはないですが、お腹の具合を微調整しやすく、ありがたいです。 

 

写真と英語表記のメニューがありましたので、撮っている分載せておきますね。

 
 

場所

 

近くにもう1店舗あります。

こちらのメニューはタイ語のみで、写真の掲載もなかったので英語もタイ語もダメな私にはちょっとハイレベルでした。

なので、鶏肉と豚肉ばかりを追加注文していました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です