ガラス床で超高層なのに屋根がない、開放感溢れる絶景展望台「マハナコンスカイウォーク」

バンコクというと、東南アジアで発展途上国といったイメージがあるかもしれません。

でも実際は高層ビルがたくさんあり、さらには日々、ビルやコンドミニアムを建設中です。

私も初めて訪れたとき、高層ビルの多さに驚きました。

たくさんの高層ビルがある中で1番高いビルはキングパワーマハナコンです。

最高層ビル、マハナコンタワーの最上階には昨年の秋オープンした展望台があります。

展望台は地上314メートル、360度見渡すことができます、

まさに絶景です。

日本で1番高いビルは、あべのハルカスですが、ハルカスよりも高いのです。

今回はそんなバンコクを一望できる、まだ新しい絶景スポット「マハナコンスカイウォーク」をご紹介します。

 

ガラス床で超高層なのに屋根がない、開放感溢れる絶景展望台

まずは外観です。

マハナコン外観

真ん中程でボコボコとへこんでおり、特徴的ですよね。

 

マハナコン外観(遠くから)

 

この突き出ていて、透けている部分へ行きます。

マハナコン外観ズーム(ガラス床)

 

チケットを購入し、入場前には荷物検査があります。

確かペットボトルのお水を捨てたような気がします。

 

エレベーターで一気に展望部屋まで上がります。

エレベーター内

エレベーターの中ではどこを見ても映像が映し出され、夢中で見ていると、あっという間に到着します。

 

この74階のフロアは天井がミラーになっています。

74階展望台

天井にも街並みが映し出され、不思議な感覚になりました。

 

ここで十分綺麗なのですがエレベーターに乗り、最上階の展望台へ。

エレベーターの周りが階段になっているのですが、段差が浮いているように見えました。

最上階へ行くエレベーター

 

そしてこの開放感です。

展望台

 

展望チケットを購入すると、ソフトドリンクが1杯無料のチケットがついてきます。

アルコールの販売もありました。

 

ドリンクを飲みながら、バンコクを一望できます。

展望台

 

サンセットも綺麗です。

展望台からのサンセット

 

そしてガラスの床になっているスペースへ。

ガラスの床へ行く前にシューカバーと、カバンを入れる袋を受け取ります。

そして靴の上にシューカバーを装着し、カバンをもらった袋に入れます。

携帯やカメラなども、ガラスの床の上へは持ち込みできませんので気をつけてください。

ただ、ガラスの床の手前の部分では携帯もカメラも大丈夫なので、撮影できます。

 

ガラス床から見える夜景

ガラス床から見える夜景

夜景好きにはたまらない景色です。

キラキラの夜景の上に寝転んでいるようです。

 

ガラスの床の上で歩くと、まるで空中をお散歩しているかのような気分を味わえます。

展望台からの夜景

展望台の床が透けている所は他にもたくさんあると思いますが、この広さのガラスの床は珍しいんじゃないでしょうか。

しかも、屋根がなく、ガラスの柵も低いため、風を感じられるので開放感がすごくて、本当に空中にいるようなのです。

 

 

展望台からの夜景
展望台からの夜景
展望台からの夜景
展望台からの夜景

 

料金

ホームページによると6月30日まではプロモーション価格で入場できるようです。

  • 月曜日〜金曜日

650バーツ(日本円約3325円、1バーツ約3.5円計算2019年6月20日現在)

  • 週末

765バーツ(日本円約2677円、1バーツ約3.5円計算2019年6月20日現在)

ホームページの料金

ホームページのチケット購入ページでは、9月末までは

  • 月曜日〜金曜日

650バーツ(日本円約2275円、1バーツ約3.5円計算2019年6月20日現在)

  • 週末

726バーツ(日本円約2541円、1バーツ約3.5円計算2019年6月20日現在)

で購入できるようです。

ホームページのチケット購入画面
ホームページのチケット購入画面

日付と時間帯の入力が必要ですが、事前チケットだとプロモーション期間終了後も、9月末までだとお得に購入できるようです。

 

場所

 

BTSシーロムラインのチョンノンシー駅から徒歩2~3分ほどです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です