常夏のバンコクで食べられる美味しいかき氷

タイは多少の地域差はありますが、年間を通して暖かい国です。

特に3月〜4月は最高気温の平均が34度と、とても暑くなります。

外に出ただけでも汗ばみ、歩くと汗が流れてきます。

そして、屋台で香辛料の効いた食事を食べると更に暑くなり、甘くて冷たいものを身体が欲します。

今回はそんな時におすすめのものをご紹介します。

 

常夏のバンコクで食べられる美味しいかき氷

サイアムスクエアワンというショッピングセンターにあるMaygōriというカフェのかき氷です。

こちらはモンブランのかき氷です。

モンブランかき氷

 

器に綺麗に盛られた柔らかい氷

たっぷりクリームがかかっており、その上には小さくカットした栗が散りばめられています。

 

1口食べた瞬間に美味しくって驚きました。

ひんやりしたかき氷だけれど、ケーキのモンブランを食べているようなのです。

しかも普通のモンブランよりモンブラン?栗感がしっかりあります。

クリームも甘ったるすぎず、程よい甘さです。

そしてなんといっても、暑い屋台で香辛料の効いた食事の後の身体に、かき氷が染み込んでいきます。

 

やわらかい氷というのもあり、軽くパクパクと食べられちゃいました。

あまりにもモンブランが軽く食べれてしまうため、氷だから0カロリー?と勘違いしそうになってしまいます。

 

モンブランが美味しかったのですぐに2度目行ってしまいました。

前回とは違うのをと思い、苺ヨーグルトパンナコッタを選びました。

苺ヨーグルトパンナコッタかき氷

 

シロップがたっぷりとかかっていて、追加でもかけれるようにと追加分もついてます。

そしてやっぱり美味しいです。

苺ヨーグルトなのであっさりと食べられます。

かき氷の中にパンナコッタが隠れていて一緒に食べるとまた絶妙な美味しさでした。

 

 

店内は和風で落ち着いた印象でした。

そしてお茶が無料で飲めました。

 

実はこのお店の下も、After youというカフェで、かき氷があります。

とても人気なようです。

結構混雑しており、店舗も何店舗かみかけます。

After youへ行った時、かき氷を注文するときに、注文場所の隣にモンブランのかき氷が紹介されていて、それを頼んだら、Maygōriのかき氷だったのです。

なのでモンブランかき氷はMaygōriのかき氷なのに、After youで食べているというややこしい状況でした。

違うお店のかき氷が食べれてしまうので、もしかすると姉妹店的な感じなのかもしれませんね。

After youではマンゴースムージーをオーダーしました。

写真を撮っていないのですが、とても濃厚で美味しかったです。

なのでかき氷も食べてみたいので、今度、並ぶ覚悟で行ってみたいと思います。

 

料金

苺ヨーグルトパンナコッタは215バーツ(日本円約752円、1バーツ約3.5円計算2019年5月18日現在)です。

モンブランの値段を覚えていないのですが、苺ヨーグルトパンナコッタより、20~30バーツ程度高かった気がします。定かでなくてすみません。

 

場所

サイアムスクエアワンというショッピングセンターにあります。

BTSサイアム駅直結なので、アクセスしやすいです。 

 

サイアムスクエアワンの2階からの入り口の外観

maygori入り口

 

外からも入店でき、道路に面したAfter youの扉から入ります。

アフターユー外の道路沿いからの外観

 

この扉から中へ入りすぐ左手へ行くと、2階へ続く階段があります。

 

 

冷たい甘いものが食べたいとなった時にMaygōriは、時間帯にもよるのかもしれませんが割とすんなり入れたのでオススメです。

そして私はまたモンブランかき氷が食べたい今日この頃・・・

 

 

 

さいごに

後日こちらのデザートカフェにも行ってみましたので、ぜひご覧ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です