美味しいドイツビールを飲みながら、ステージショーが楽しめちゃうビアホール「タワンデーン 」

先日、とても楽しいビアホールがあると聞いていたので、行ってきました。

ビールが美味しく、楽しく飲めたので、今回はそのお店をご紹介したいと思います。

 

美味しいドイツビールを飲みながら、ステージショーが楽しめちゃうビアホール

タワンデーン ジャーマン ブリュワリーというお店です。

バンコクのBTSチョンノンシー駅の近くにもあるのですが、ノンタブリー県にあるチェーンワッタナの店舗へ行ってみました。

行き方は、後ほどお伝えします。

 

実は前回行った時はお休みでした。

せっかく来たのに〜とショックだったので、今回は事前に予約をして行ってみました。

 

店内に入り、まずは広さに驚きです。

1階席も充分広いのですが、2階席もあるのです。

土曜日だった事もあるのか、広い店内のお席が結構埋まっていたので、予約しておく方が良さそうです。 

 

メニューの写真を撮り忘れてしまったのですが、ビールは4種類ありました。

全部飲んでみたのですが、私が好きだったのがこちらの2種類です。

 

ダンケルビール

程よい苦味がありとても美味しかったです。

こちらはなんという名前だったのか忘れてしまいました。

とてもフルーティーな味わいで飲みやすく、美味しかったです。

  

 

グラスのサイズが4種類ほどありました。店員さん的には大きいサイズ(1L)がおすすめだそうです。

1Lで確か300バーツ(日本円約1050円、1バーツ約3.5円計算2019年5月18日現在)くらいだったと思いますが、1種類だけ少し高かったかと思います。

 

あと、タワーのようなものもありました。

大きな長細い容器のの中にビールが入っていてテーブルにセットするようなのですが、少人数だと1種類しか飲めないかもしれませんが、数人でタワーを注文すると楽しそうだなと憧れちゃいました。

いつかタワービール飲んでみたいなぁ〜

食事のメニーも豊富で、タイ料理からお寿司などたくさんありました。

食事を軽く済ませてから行ったので、ポテトと唐揚げという揚げ物しか食べていませんが、美味しいビールと一緒に食べている事もあり、美味しかったです。

 

そしてステージは大きく、パフォーマーさん達の歌唱力も素晴らしいです。

色んなパフォーマーさん達が登場します。

タイミュージックも独特のリズムで楽しいです。

 

ステージは日替わりで、何度行っても飽きないようになっているようなのです。

そして驚きなのは、入場料などなく、食事やドリンクの料金のみなのです。

すごくないですか!?

 

店員さん達がステージに出て踊ったりもしていました。

ステージに出なくても、接客しながら、ノリノリで踊ってる店員さんも何人かいて、見ていてとてもたのしかったです。

 

お客さん達の中には早めの時間から踊り狂ってる人もいましたが、00:00頃がピークに盛り上がっていてたくさんの人がテーブルの横で踊っていました。

楽しくってあっという間に時間が過ぎてしまいました。 

 

店内にはビール鋳造の大きなタンクがありました。

きっとこれが美味しさの秘訣だと思われます。

それにしても、こんなに大きなタンクがあるなんてまるでビール工場のようだと思いませんか。

ビール工場でステージショーを楽しんでいるようなものですよね。

そう考えると、改めて凄い所です。

 

 

場所

今回私が訪れたのはこちらの店舗です。

Chaeng Wattana (ノンタブリー県)

 

BTSヴィクトリーモニュメント駅 から166番のバスに乗ります。

料金は22バーツ(日本円約77円、1バーツ約3.5円計算2019年5月16日現在)です。

 

ビッグシーという大きなスーパーマケットで降車します。

タワンデーンの外観

 

 

 

他店舗の地図も掲載しておきますね。

 

Rama 3

 

Rama Indra

 

 

ビールが好きな方や、生歌ライブなどが好きな方はきっと楽しめるんじゃないかなと思います。

私もまた行きたいと思っています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です