バンコクの美しい大理石寺院『ワットベンチャマボピット』

バンコクにはたくさんの寺院がありますが、今回は個人的にかなり好きなちょっと珍しい寺院をご紹介していきます。 

建物のほとんどが大理石でできているため、大理石寺院(マーブル寺院、マーブルテンプル)とも呼ばれています。

大理石はイタリアのトスカーナ地方から運ばれてきたものを使用しているそうです。

あまり有名でないことと、若干アクセスしずらいためか、人もそれほど多くないので、ゆっくりと観れるのも嬉しいポイントです。

日本人の方には会わなかったので、穴場スポットかもしれません。

では、寺院内の様子をご紹介して行きます。

バンコクの美しい大理石寺院『ワットベンチャマボピット』

外観

 

門の扉が可愛いです。

 

チケットには色鮮やかに寺院が描かれています。

  

白い大理石、オレンジ色の屋根と金色の装飾がとても美しいです。

 

お仏像様が描かれているステンドグラスがありました。

 

金色ピカピカに光る美しいお仏像様

 

回廊に囲まれている広場

 

回廊にはハート型のような小さな鐘がたくさん吊るされています。

手でバーーーーっとハートの部分を揺らし、音を鳴らしながら1周している外人さんがいました。

 

屋根の瓦?にもなんだか神聖な彫刻が施されています。

 

建物の外には川のようなものがあります。

 

太鼓を叩く棒でしょうか?

かなり長いものがありました。

料金

外国人料金:50バーツ(日本円約175円、1バーツ約3.5円計算2018年11月21日現在)

行き方

最寄り駅からタクシーに乗るのが1番簡単な方法だと思います。

最寄り駅はヴィクトリーモニュメント駅で、車で約12分

ヴィクトリーモニュメント 駅の隣駅パヤタイ駅から車で約15分

 

ヴィクトリーモニュメント 駅からのバス

503

ただ、バス停が複数あるため、見つけるのが難しいかと思います。 

 

隣駅のパヤタイ駅近くのSantirat Witthayalai School前のバス停からのバス

503、72

 

ワットベンチャマボピット 近くを通るバス

1番近くのバス停

503、72

徒歩で約3分の政府機関近くに停まるバス

16、23、505、99、157

徒歩で約5分の軍事基地近くに停まるバス

70

バス乗車時には行き先を告げて、ちゃんと行きたい所まで行くか確認することをおすすめします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です