バンコクで有名なパッタイのお店「ティップサマイ」

パッタイとは、ライスヌードルを炒めたタイ風の焼きそばです。

きっとタイ料理が苦手な方でも食べやすい料理だと思います。

日本人の方は特に好きな方が多いんじゃないでしょうか?

そんなパッタイの老舗であるティップサマイを今回はお伝えしていきます。

王宮近くにある本店はかなり並ぶので、並ばずに食べられる店舗もご紹介しますね。

 

バンコクで有名なパッタイのお店「ティップサマイ」

開店時間頃に行ったのですが、すでに長蛇の列ができていました。

お店の入り口

 

お店の前で調理をするスタイルのようで、並んでいる間に調理風景が見れます。

調理風景

 

調理風景を見てる時間が長くなるため、ちょっと私にも作れるんじゃないかなと思ってきてしまいます。

炒め担当や、卵くるみ担当などと別れて効率よく作っていおります。

お店の前

 

調理風景を見ることで食欲がそそられにそそられたところで、やっと順番が回ってきて入店です。

店内は奥に意外と広かったです。

 

シンプルなパッタイ

パッタイ

ふんわりもちっとしていて美味しいです。

 

名物の卵で包まれていて、オレンジ色の麺のパッタイ

パッタイ
パッタイの麺

ほんのり甘めのお味でこちらも美味しいです。

 

そしてパッタイとともにこのお店の人気がオレンジジュースです。

オレンジジュース

果肉がゴロゴロと入っていて濃厚でとても美味しいです。

もうオレンジを飲んでいるといった感じでしょうか。

並んでいる時には、ケース買いしている人も見かけました。

パッタイよりオレンジジュースの方が美味しさに感動してしまいました。

料金もパッタイより高かったです。

パッタイよりというかバンコクの物価から考えても高めの料金でした。

 

パッタイはもちろん美味しいのですが、ぎゅうぎゅうに観光を詰め込んでいる人が、観光時間を削ってまで並ぶのはもったいないかなぁと正直思ってしまったり。

のんびり旅行やグルメ旅なら全然構わないのでしょうが・・・

本店ということにこだわらず、パッタイで有名な、ティップサマイのパッタイが食べてみたいということであれば

料金設定は本店より高めですが、並ばずに食べられる店舗へ行くのもいいのではないかなと思います。

 

 

場所

本店

 

キングパワーランナム

キングパワーはキングパワー マハナコンという所もありますので気をつけてください。

ヴィクトリーモニュメント駅から徒歩5分かからないくらいの所にあります。

歩いてすぐですが、センチュリームービープラザから無料のトゥクトゥクもあります。

フードコートにあり、何度か行っていますが、ほとんど並ばずに食べられています。

こちらのフードコートに美味しいコームーヤーンという豚の喉肉の炙り焼き(豚トロ)のお店もあります。

気になる方はこちらからご覧ください。 

アイコンサイアム

BTSシーロムラインのサパーンタクシン駅から無料のボートで行けます。

アイコンサイアム店は前を通ったことしかないのですが、ラグジュアリーなショッピングセンターなのでとても綺麗でした。

 

 

サイアムパラゴンのフードコートにもあったようですが、以前行った時見つけられませんでした。

もしかしたら閉店しているのかもしれません。

料金

本店の値段を忘れてしまいましたが、キングパワーのフードコートの料金はこちらです。

本店は上記より安かったかと思います。

アイコンサイアムの料金は不明ですがちょっと高かったかと思います。

 

さいごに

王宮周辺を観光し、ティップサマイ本店へ行く時にメーター改造タクシーに当たってしまったお話を・・・

以前にも書いたことがあったのですが、実はティップサマイへ行くときだったのです。

歩いて20分ほどだったのですが、車だと5分程で行けるのでタクシーを拾いました。

行き先を告げ乗り込み、初乗り料金の35バーツでセットされていることを確認しました。

外の風景を見たり、座席のシートの柄が可愛かったので写真を撮っているとすぐに到着しました。

そして、メーターの料金を見て驚きの価格。

すぐ到着するからと完全に油断していました。

およそ3倍ほどの金額を支払いました。日本円にすると大きな金額ではないのですが・・・

万が一乗っている最中に気づいたら、怒らせないようにすぐに降車しましょう。

距離が長いと莫大な金額になってしまいそうで怖いです。

言い合いになって喧嘩などになっても怖いので、諦めが1番安全な方法だと思います。

なので、タクシー乗車後は、ちょこちょことメーターを見ておくことをオススメします。

また、今回は王宮近くであり、観光スポットに出没しやすいのではないかと思います。

くれぐれも気をつけてください。

普通にとてもいい人もいてるので、みんながみんなそうではないですよ。

 

ちなみに乗ったタクシーの座席のシート柄はこんなのでした。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です