『永い言い訳』西川美和

『永い言い訳』西川美和

主人公は人気作家の衣笠幸夫。

愛人と過ごしている時に、妻が旅先で事故に会い、妻の親友と一緒に亡くなります。

夫婦関係は長年冷めており、妻が亡くなっても涙が出ませんでした。

2人の間に子どもはいないのですが、妻の親友には夫と、2人の子どもがいました。

母親を失った子どもたち2人のお世話を、父親不在時、代わりにお世話することを自ら申し出ます。

子どもたちと関わっていくなかで、家族というものの素晴らしさに初めて気がつきます。

自分にとって亡くなった妻は、今どういう存在にあるのか正直な気持ちを手紙に書きます。

子ども達のお世話をしているシーンも良かったのですが、特に印象的だったのはラストに書かれたその手紙の一部で

『あのひとがいるから、くじけるわけにはいかんのだ。と思える「あのひと」が、誰にとっても必要だ。生きていくために想うことのできる存在が。つくづく思うよ。他者の無いところに人生なんて存在しないんだって。人生は、他者だ。ぼくにとって死んだ君が今の今になって、「あのひと」になりつつあるような気もするよ。遅いかあー。』

 

私も、「あのひと」を大切に想う気持ちを忘れずにいたいと思いました。

そして、「あのひと」にとっての「あのひと」でありたいと強く思いました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です