『クジラは歌をうたう』持地佑季子

『クジラは歌をうたう』持地佑季子

結婚を控えた30歳になる拓海には、密かな日課があった。

高校生の時に好きだった女の子、睦月のブログを見ることだった。

睦月は12年前に亡くなってしまっているのだが、ある日、ブログが更新されていることに気づく。

ー君は今、何を見て、何を思っていますか? ー

驚いた拓海は、誰がブログを更新したのかを知るため、ずっと連絡を絶っていた高校の同級生たちに会いに行く。

東京で暮らす30歳の拓海と同級生、婚約者の梢。

沖縄で海に囲まれて過ごす18歳だった拓海と睦月。

時間と場所が行き来しながら、海の香りが漂う2人の甘く切ないストーリー。

以下ネタバレを含む感想

睦月の大切だったクジラの本。

あるページにブログのアドレスが書かれていて、そこばかりを見てちゃんと内容を読んでいなかったのだが、そのページには、クジラは歌を歌うことがあり、真相は未だ謎であるが、求愛のためと書かれていた。

最後のブログタイトルは『私もクジラのように、君のために歌おうか』

そこには、拓海の眠る顔が映っていた。

睦月も拓海のことを好きだったのだ。

だけど、病気で亡くなってしまうから伝えられなかった。

睦月にはなれないだろう30歳。

だけど、30歳になれたら、拓海に気持ちを伝えたいという思いを秘めていた。

だから12年後の30歳となる拓海に

ー君は今、何を見て、何を思っていますか? ー

と予約投稿していたのだ。

ただただ悲しくて切なくて、胸が苦しくて涙が溢れた。

睦月の言っていた、自分の好きな人が、自分を忘れて幸せになれるなら、それでいい。

という言葉がさらっと出てくるのは、日頃から、死についてたくさん考えていたからなのだろうな。

化けて出るよと夫に言っている私とは大違いだ。

切ないけれど、優しいストーリー。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。