『常設展示室』原田マハ

『常設展示室』原田マハ

ピカソ、フェルメール、ラファエロ、ゴッホ、マティス、東山魁夷の実在する絵画が、物語を彩る、極上のアート短編集。

それぞれの人たちにとって運命の1枚となっている絵画。

どのストーリーも面白く、もっとたっぷり味わいたいと欲が出てしまう。

マドンナと、道が印象的であったが、特にラストにもなっている道は涙がこぼれるストーリーだった。

少しネタバレになってしまうが、兄と再会できて欲しかったと強く思ってしまった。

兄はもう出会った時から妹の翠だって気づいていたのかな?

それにしても、妹の翠の絵に込められたものを観る力、記憶力すごいなと感心した。

 

 

私の運命の1枚はどの絵だろう。

好きな絵はいくつかあるが、、、と考えてしまう。

実は、私には運命ではないかもしれないが、ルーブル美術館で見た忘れられない絵画がある。

絵画の中にたくさんの絵画がある絵だ。

いったい誰の作品で、なんというタイトルなのだろう。

通りすがり程度にしか見れなかったのだが、後になって気になってしまったのだ。

いつかまた行って、次こそはじっくり見たい。

マハさんの本を読むと美術館に行きたくてたまらなくなる。

今は、美術館に行くことを想像して楽しむ。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です