『ファーストラヴ』島本理生

『ファーストラヴ』島本理生

父親殺害で逮捕された女子大生の環菜。

美人でアナウンサー志望であったこともあり事件は大きな話題になります。

「動機はそちらで見つけてください。」という逮捕された後のインパクトのあるセリフ。

臨床心理士の由紀は、事件を題材にした、本の依頼を受け、環菜と環奈の周囲を取材していきます。

環菜の弁護士の迦葉という義理の弟とも協力しながら取材をすすめていきますが、実は2人は由紀と迦葉と呼び合う仲なのです。

2人の関係とそこに連なる夫との出会いなども絡めてストーリーは展開していきます。

取材を進めていくと、環菜は直接的でなくても性的な虐待を受けており、味方になってもらえるはずの母親からは虚言癖があると言われたり、自己責任を押し付けられていた幼少時代だったということがわかり、裁判は意外な結果となります。

由紀自身も、環菜を通して自分の過去をを見つめ直していきます。

性虐待を受けた娘と、そのことを見て見ぬふりをする母親という症例は多くあるようで、環菜の母親の手首にも多数の傷が存在していたのです。

成長過程において、強いストレスを受けると、その後の人格形成に大きく影響を与え、本人はそれに気づいていない、気づきたくないという思いがあるために、ケアを始めるということがまず難しいのだなと思いました。

重たいテーマでしたが、由紀の旦那さんがとても良い人で、包容力があり、ラストはちょっぴりふんわりした気持ちになれました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です