『13歳からのアート思考』末永幸歩

VUCA(ブーカ)ワールドといわれる現代社会の動きが、正解を見つける能力より、自分なりの答えをつくる能力を育むことが大切になっていきているそうで、そのプロセスを学ぶことができます。

実際にアートをみて、アウトプットをしていったり、アートとは?について考えたりもします。

 

センスや技術などがなく、何か表現してみたいけど、表現することができない私はアーティストというのに強い憧れを抱いていました。

表現できない自分に劣等感を感じていましたが、表現することだけでなく、思考を巡らせ、探求し続けていくことがとても大切だということを学びました。

もっと若い時に読みたかったと思ってしまいました。

まだ遅くないと信じて・・・

美術館に最近行けてないのでとても行きたくなってしまいました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です