『お探し物は図書室まで』青山美智子

『お探し物は図書室まで』青山美智子

コミュニティセンターにある小さな図書室。

悩める人たちが訪れ、探し物を聞いた司書さんが、選書してくれるのですが、1冊だけ全く関係のない本がピックアップされています。

思いもよらない1冊の本と、お手製の羊毛フェルトで作った付録を受け取り、悩んでいた人たちは大切なものに気付き、前向きに人生を進めていきます。

司書さんの、洞察力に感心ですが、ちゃんとそのメッセージを受け取り、行動できる人たちも素敵で心が温まるストーリーでした。

本も出会いなので、人生を後押ししてくれるそんな1冊に出会えるっていいな。

こんな図書室があったら絶対に行ってみたいな。

と羨ましかったです。

きっと本が好きな人は好きな1冊ではないかなと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です