『一人称単数』村上春樹

村上春樹さんの久しぶりとなる新作で、短篇集です。

個人的にチャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ、謝肉祭、品川猿の告白、ラストの一人称単数が特に面白かったです。

タイトルにもなっている一人称単数とは話し手(自分自身)のことです。

なので… 

どれも不思議なことが起こるストーリーでしたが。

村上春樹さんが実際に体験したことなのかな?

村上春樹さんなら本当に体験していそうと思ってしまいました。

色んな角度から色んな自分をみているように感じた作品でした。

 

私はどっぷりと世界感に浸れる長篇が好きなので、次回作はいつかなと今から楽しみです。

村上春樹さんの第一作目となる『風の歌を聴け』について紹介している記事を書いています。

気になる方はこちらから読んでみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です