『本は3冊同時に読みなさい』佐藤優

『本は3冊同時に読みなさい』佐藤優

なぜ3冊同時に読むといいのかが始めの方に書かれていますが、ほとんどは、様々なジャンルの本の書評が書かれています。

社会現象になっている作品に目を通すことも重要だそうで、今だったら「鬼滅の刃」はマストだそう。

そこから「約束のネバーランド」を読んでみて、共通の鬼というところから馬場あき子さんの「鬼の研究」に手を伸ばしてみるといいようです。

 

書評されている本は、知識のない私には難しい内容の物が多かったのですが、気になる本もあり、早速購入してしまいました。

また、井上ひさしさんという方の文章上達法が書かれていたのですが、好きな文章家を見つけたら、徹底して漁り、その文章の裏まで読み抜き、そのスタイルで自分も書いてみるとのこと。

そのためには、自分の好みをよく知り、いい文章家と巡り会う事を願うしかないそう。

そのためにはいかに本を読むかが大切なようで、改めて、もっともっと色んな本を読みたいなと思いました。

さいごに

普段から私自身、2冊程度を同時進行で読書しているので気になり、タイトルだけでこの本を選びました。

内容がわからないまま、オンラインで購入していたので、思っていたものと違ったのですが、これはこれで知らない本を知る事ができるきっかけとなったので面白かったです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です