『薔薇のなかの蛇』恩田陸

『薔薇のなかの蛇』恩田陸

ブラックローズハウスという薔薇をかどって建てられた由緒ある館で、主のオズワルドの誕生日パーティが行われる事となり、たくさんの人を館へ招待します。

実はオズワルドは脅迫されており、そんななか、事件が次々に起こっていきます。

謎めいた日本人女性のリセと、オズワルドの息子のアーサーが醸し出す雰囲気や、館に隠されていたからくりなど、ゴシック風の世界に引き込ませられるミステリーでした。

 

恩田陸さんの作品の蜂蜜と遠雷を読んだことがあったのですが、全然違った雰囲気で驚いたのですが、どうやらこちらはリセシリーズというもので、いくつか作品があるようです。

他の作品も読んでみたいです。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です