『モネのあしあと』原田マハ

『モネのあしあと』原田マハ

モネが生きた時代、印象派絵画の新しさについて、モネのあしあと、2013年に刊行された「ジヴェルニーの食卓」についてが書かれています。

特に、マハさんによるモネのあしあと案内が面白かったです。

パリに行った際、ジヴェルニーのモネの家に行けなかったので、是非いつか訪れてみたいと思っているので、妄想が膨らみました。

オランジュリー美術館にも再訪したいと強く思いました。

あの感動した睡蓮の部屋に行きたい。。。。

エピローグでは、コロナの影響でパリがロックダウンとなり、美術館へ行けなくなってしまいました。

ですが、オランジュリー美術館からマハさんに届いたメールが素敵で、私の心まで明るくなりました。

あ〜パリに行きたい。

早く楽しく行ける日がくる事を願うばかりです。

さいごに

原田マハさんの本はどれもオススメです。

記事を書いているのが少しだけなのですが、載せておきますので、気になる方は見てみてください。

・『デトロイト美術館の奇跡』アメリカのデトロイト美術館が舞台のストーリーです。

・『ハグとナガラ』女ふたり旅のストーリーです。

・『風神雷神』風神雷神図屏風を描いた絵師の少年から青年時代にフォーカスしたストーリーです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です