『リボルバー』原田マハ

『リボルバー』原田マハ

パリの小規模のオークションハウスに勤める冴。

冴には<後期印象主義における芸術的交流:ファン・ゴッホとゴーギャンを中心に>というテーマで、博士論文に挑戦するという夢があった。

ある日、サラという画家の女性がオークションハウスに訪ねてきた。

持ってきた紙袋から出てきたのは錆びついた一丁のリボルバー。

このリボルバーは、フィンセント・ファン・ゴッホを撃ち抜いたものだという。

ゴッホの自殺に関わりがあるものだという真相を解明していく、アートミステリー。

 

ゴッホとゴーギャン、そして、ゴッホの弟テオ。

「たゆたえども沈まず」はゴッホとテオのストーリーだったが、今回はゴーギャンがメインとなっている。

どこまでが本当かわからないけれど、3人のキャラクター像が浮かび上がり、引き込まれていく。

ラストの真相もなんだか素敵で、そうであって欲しいと思った。

本当はどうなんだろう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。