『海が見える家』『海が見える家 それから』はらだみずき

『海が見える家』『海が見える家 それから』はらだみずき

入社後1ヶ月で会社を辞めた文哉。

疎遠になっていた父の訃報を知らない男性から知らされます。

病院の霊安室で見た父の姿は、文哉の知っている父とは違いました。

父が生前に住んでいたとされる、丘の上にある海が見える家を訪れます。

売りに出すために、遺品整理をしていると、自分の知らなかった父の生き方を知っていくこととなります。

東京での今までの暮らしとは全く違う、自然の中での暮らしを通し、自分なりの生き方を模索していきます。

 

周りの人たちに支えられながら、生きていく姿はとてもたくましく、爽快で、羨ましくありました。

私は日々時間に終われ、忙しい、時間がない、とよく口にしバタバタと過ごし、イライラしちゃっています。

「時間が、お金や幸せをもたらす」

私も幸せをしっかり感じとれるよう、ゆっくり丁寧に生きていきたいと思いました。

そしてちょうど気になっていた自然農法で野菜を育てることにもチャレンジしていて、野菜の味を活かした料理はとても美味しそうに感じられ、ますます食べてみたいなぁと思わずにはいられませんでした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です