『潤うからだ』森田敦子

森田さんは植物療法士として活躍されているのですが、この本では女性のデリケートゾーンケアの必要性について書いています。

日本では馴染みがありませんが、フランスで、デリケートゾーンのケアは当たり前のようです。

森田さんの師である産婦人科専門医の世界的権威であるベランジェール・アルナール先生は、「膣まわりは、あなたのセックスや妊娠・出産に関わるだけでなく、からだの健康や精神バランスを推し量る大事なバロメーターなのよ」と言っているのだそう。

フランスをはじめとするヨーロッパでは、古くから「粘液=免疫力」と位置づけられていて、粘液力をアップすると妊娠力や、更年期障害の予防にも繋がるのというのです。

また、フランス人の性に対する感覚にも驚きました。

「バカンスに必要なものはなに?」と聞くと、

「セクシーな下着と洋服。そして自分自信が美しくあり、健康であること。あとはセックス!」

と森田さんの友人は言っていたそうです。

いつまでも女性として輝いているためにはとても大切な感覚なのではないのでしょうか。

膣まわりのケアの仕方などが書かれており、知らないことばかりでとても勉強になりました。

女性の方にはオススメしたい1冊です。 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です