『地底旅行』ジュール・ヴェルヌ

『地底旅行』ジュール・ヴェルヌ

鉱物学のリーデンブロック教授が、16世紀の錬金術師のアルネ・サクヌッセンムが残した羊皮紙を見つけ、甥のアクセルと共に解読します。

そこには、スネッフェルスのヨクルの火口のなかに降りよ、そうすれば地球の中心にたどり着くだろうと書かれいました。

すぐさま教授は旅にでる準備を整え、アクセルと共に地球の中心に向けて出発します。

途中でアイスランド人の猟師のハンスをガイド役に見つけ、3人で地底の中の旅が始まります。

 

すっかりジュール・ヴェルヌのストーリーの虜です。

常にドキドキワクワク。

旅の途中で、飲み水が尽きるシーンでは、読んでいるこちらまで喉がカラカラになりました。

地底の中に広がる海、巨大な植物など、ところどころ挿絵があるので、挿絵も楽しみながら読みました。

また、地層から様々な事を読み解いていく様子などとても面白いです。

ラストの、噴出するマグマと共に、ハンスの手作り筏で上昇していくシーンはこちらまで暑苦しい感覚におそわれ的ます。

一緒に冒険しているようで楽しかったです。

 

さいごに

私が読んだジュール・ヴェルヌ作品

・『八十日間世界一周

80日間で世界一周を目指す冒険小説

・『十五少年漂流記

無人島に流れ着いた少年達15人が知恵を振り絞り生きるために奮闘する小説

どちらもオススメ作品です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です