『新しい名字 ナポリの物語2』エレナ・フェッランテ

『新しい名字 ナポリの物語2』エレナ・フェッランテ

『リラとわたし ナポリの物語1』の続編で、ふたりの少女の10代の20代はじめを描いている。

若くして結婚した聡明で美しいリラ。

結婚により裕福になり、欲しいものを買い、モデルのように着飾り華やかしように見えたが、結婚生活は苦しいものであった。

一方エレナは、恋をしたりしながらも勉強を必死に続け、ピサの大学に入学し、ナポリを離れた生活を送っていた。

小説を書き、彼にプレゼントしたことから、その小説が出版されることとなる。

 

分厚い本で、細かい描写や、心の中の考え、感情などが、長く書かれているが、流れが自然なので、長ったるいなという感情などを持つことなく、のめり込んでしまう魅力が詰まっている。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。