『生命を守るしくみ オートファジー』吉森保

『生命を守るしくみ オートファジー』吉森保

2016年にノーベル賞で注目されるようになった、生命の維持に欠かせない仕組み、「オートファジー」を世界的な研究者がわかりやすく教えてくれる本。

以前、『「空腹」こそ最強のクスリ』を読み、オートファジーというものを知って、そこから実は16時間以上空腹を作る日を作っている。

仕事のある平日に、空腹時間を作るようにしているが、職場の休憩室にたくさんお菓子があるので、お菓子を食べちゃったり、差し入れを食べっちゃったりで、今週は1回しかできなかったということもあった。

だけど、今後も続けてきたいと思っているため、もう少し、オートファジーというものを知りたくなり、この本を読んでみた。

オートファジーが行われる時の細胞の中の過程や、有害物質の隔離除去の仕方など、少し踏み込んだ難しそうな内容をわかりやすく書いてくれている。

また、オートファジーを止めるルビコンという2009年に発見されたタンパク質についても書かれている。

治療への可能性も書かれており、どんどん研究が進んでいってほしいと思う分野だ。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。