『少年と犬』馳星周

『少年と犬』馳星周

犬の多聞(タモン)はとても賢い犬で、いつも同じ方角に顔を向けていました。

色んな飼い主達との出会いと別れを繰り返しながら岩手県から熊本県まで5年という歳月をかけながら少年の所に向かいます。

登場する飼い主たちに、言葉は通じないけれど温もりや、包み込むような安心感、希望を与える多聞。

その姿には心を打たれます。

犬を飼っていたり、犬が好きな人にはグッと来るものが多いお話で、改めて犬っていいなぁと思いました。

 

とても感動的な話なのですが、死という場面が多く、読んでいてかなり重く暗い気持ちに・・・。

私は寝る前に読んでしまったため、お布団に入ってからも引きずってしまい辛かったです。

それ程に入り込んでしまう本でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です